晴れたり曇ったりの千歳。
そんなことは気にせずに、2ヶ月振りの爆音浴を楽しんだ。

何も考えずに写真を撮り続けるのも良い。
しかし、たまには変わった撮り方をしなければ、すぐに飽きてしまいそう。

この日はズームリングを目一杯回したまま、飛んでくるヒコーキを追ってみた。

DSC_7791

千歳から離陸する百里基地の305SQのイーグル編隊。
左がリーダー機のようだ、もう一機はリーダー機のほうを向いたまま間隔を保って飛んでいった。


政府専用機を背景にアプローチしてくる百里の機体。
そんな光景が朝から夜まで続いてた。

「ここはどこの基地なんだ。」
そう思わせるような写真を撮影できればよかった。

DSC_8024

同じ立ち位置なのに、機体の動き出すタイミングにとって写真の雰囲気が大きく変わる。
4機しか写っていないのに、いつもより混み合っているように見えるのだからおもしろい。


DSC_8428

203SQ、3回目の離陸。

タキシングはいつもより機体の間隔が狭かったような気がする。
そのためか、フレームの中での収まりも良かった。



最後にナイトフライトへ向けてアフターバーナー全開で離陸していくイーグルを眺める。

たまにバーナーリングがくっきり見えることがある。
とても好きなイメージでも、なかなか上手く写らない。

DSC_8844

2014/09/29 Mon. Chitose



end>