2014/08/20 Wed. Kitahiroshima - トノサマガエル その1 -


北海道北広島市の大曲にある「くるるの杜」という場所。

私のお気に入りのスポットの一つである。
なぜなら私の大好きな被写体、畑やトラクターの風景があるから。

ここではたくさんの昆虫や小動物に出会うことができる。


あるとき、カエルを探してみようと思い立って私が真っ先に向かったのはここ。
「くるるの杜」だった。

1

メインのターゲットはカエル。

まずはカエルを見つけなければいけない。

そう自分に良い聞かせながら探すも、出てくるのはカナヘビばかり。
私もカナヘビに惹かれてカエルのことをすっかり忘れているのだから、そう簡単に見つかるはずが無い。


2

気がつかないうちに私の目の前にいたトノサマガエル。
アマガエルを想像していただけに見つけた時は少しがっかりしたものの、カエルはカエル。

どうしても可愛い。


3

石の上で一枚。


4

石の上でもう一枚。


5

たまたま撮れた。

ジャンプしようとして足が滑って一瞬だけ伸びているところを撮影したようだ。
このあと、また置物のように動かなくなる。


6

少し動きが欲しかったり、いろいろな背景で撮影してみたくなるのはいつものこと。

動いてほしくても動いてくれない。
いつまでたっても置物のままだったので、一度だけ突いてみた。

そのときの写真である。


7

トノサマガエルは水の中へ。

「入った」というより「逃げた」という表現のほうが正しいのかもしれない。


8

こういうときに限ってPLフィルターを持ち歩いていないのが悪い癖。
水面の反射の少ない方向を狙って撮影。


9


10

「くるるの杜」ホームページ。
http://www.shokuiku-hokuren.jp/



to be continued>